竣工しました「角地に建つ平屋」松本市


松本市の住宅「角地に建つ平屋」が竣工しました。170415
寒い冬の期間の工事を終えて、春にお引っ越しをしていただきます。

敷地は、南と東の2面が道路に接していて南北に細長い形状でした。
建物、庭、ガレージの位置関係について検討を重ね、敷地全体をフルに使い切る配置計画になっています。
道を歩く人やクルマからの視線を遮りながら光を充分に採り込み、室内には風の流れる道がいくつもあります。

基本設計の初期の段階では一部2階建ての断面構成も検討しましたが、最終的には平屋になりました。
2階建てか平屋か、それぞれに特長がありますのでこの判断はとっても重要です。
プランがまったく違うものになります。外観もまったく違うものになります。
階段の有無、動線計画、庭の大きさ、建築費用、そして生活スタイル、
これらを総合的に考えて、配置・平面・断面の合理性を追求しました。

生活ゾーンとプライベートゾーンを明快に分け、その中間には南北に貫く「緩衝帯のような空間」をつくりました。
そこは主要動線であり、両ゾーンの距離感を保つ場所であり、収納場所であり、愛犬の居場所でもあります。
ほどよい広さで、各動線の起点となっています。

建て主のMさん、ご竣工おめでとうございます。
これからはじまる植栽工事が楽しみですね。

施工会社の現場監督Mさん、大変お世話になりました。
そして工事に携わっていただきました大勢の皆様方に御礼を申し上げます。

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> http://www.h-a.jp

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> http://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/process