テーブルの脚には 機能とデザインが求められます


蓼科のアトリエにはテーブルを置いていますが、2800w × 900d × 700h というサイズです。

オーダーでテーブルをつくるケースが多いのですが、テーブル長さは一人当たり700mmを目安にしています。ゆったりと食事ができるサイズ感です。3人が並ぶ長さは2100mm、4人が並ぶ長さは2800mm前後になります。その場合に脚のデザインが重要になります。

椅子レイアウトの様々なバリエーションに対応できる機能性、構造的安定感、そしてデザイン性から脚の位置と大きさには工夫をしています。

蓼科の別荘 設計事務所

椅子6脚

蓼科の別荘 設計事務所

椅子8脚 その1

蓼科の別荘 設計事務所

椅子8脚 その2

椅子10脚

蓼科の別荘 設計事務所

天板・脚・幕板の関係

住宅や別荘の設計段階(新築やリノベーション)ではテーブルの大きさも想定しながら、暮らし方や平面プランを検討していきます。従ってお引越しの際には、平面図のその定位置にテーブルを置くだけで照明器具やその他の家具類との関係性も整います。

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> http://www.h-a.jp

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> http://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/process