カッシーナの家具を見てきました。マラルンガやミスター

住宅設計と関係の深い、ソファー、テーブル、椅子・・・。
東京・青山にある、カッシーナの家具を見てきました。

 

ミスター。座面の広さが絶妙ですね。
一日中ここにいて、何でもできるイメージでしょうか。

 

マラルンガ。40年間続いている定番のデザインで、背もたれ部分の角度を変えられます。
お値段も立派ですが、すわり心地は抜群です。

権藤さん、秋山さん、お忙しい中ありがとうございました。

住宅の設計をする場合には、家具(テーブルやソファーなど)のサイズ感も想定しながら、平面プランの検討をしていくことになります。
ソファーは、壁をバックにレイアウトができると落ち着いた空間になることが多いです。

その次の段階として、素材や色彩の選択をしていくことになりますが、建築の内装(色や素材)とのバランスも考えたいものです。

たとえばですねー、
床の色彩、壁の色彩、そこにすわる家具とのバランス。
その対比と調和を考える上でわかりやすい場所があったので、
そこに布地の椅子を置いて、撮らせていただきました。

林建築設計室 公式サイト https://www.h-a.jp/
林 隆 ブロブ https://www.h-a.jp/blog
ブログ 蓼科アトリエ便り https://www.h-a.jp/tatesina
ブログ ただ今進行中 https://www.h-a.jp/process