リビングを見下ろす「らせんが繋ぐ4層の家」松本市

松本市で工事中の住宅「らせんが繋ぐ4層の家」

室内の木工事が最終盤になってきました。
内部足場がなくなり、これから仕上げ工事へと移行していきます。

リビングを見下ろす。
人が移動しながら見下ろす場所と、ワークコーナーの椅子に座って見下ろす場所が並んでいますが、目線の高さによって空間の繋がり方が違って見えます。
「見上げる、見下ろす」という視線の広がり方を楽しめるのはスキップフロアー型住宅の特徴です。

松本市の住宅 スキップフロアー

レベル4からレベル3を見下ろす

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> https://www.h-a.jp/

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> https://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/process