地鎮祭「らせんが繋ぐ4層の家」松本市


松本市内に建つ住宅「らせんが繋ぐ4層の家」
地鎮祭が執り行われました。180310
大安の土曜日、午後はとってもよい天気になり、敷地から遠くの景色を眺めることができました。

緩やかな地形の傾斜に沿う形で、4層の各フロアーレベルが設定されています。
現場監督さんが事前に、建物の輪郭がわかるようにテープで位置出しをしてくれましたので、敷地の中をぐるぐると歩き回りながら、室内空間・ガレージ・クルマのターンスペースなどの繋がり方をイメージしてみました。

敷地境界沿いの造成工事を先行して行い、その後建築本体の基礎工事へと移行していく予定です。
設計完了時のブログ ⇨ http://www.h-a.jp/blog/13509.html

住宅の設計をする松本市の建築設計事務所

らせんが繋ぐ4層の家 地鎮祭

建て主のIさん、着工おめでとうございます。
施工会社さん、秋の竣工に向けてよろしくお願いします。

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> http://www.h-a.jp

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> http://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/process