敷地の高低差を調査 茅野市蓼科高原


茅野市蓼科高原で住宅を計画中の敷地。

整備の第1段階として、低木の伐採と下草刈りを終えて敷地が綺麗になりました。
建物の配置が決定した後に、第2段階として高木の伐採を行う予定です。

道路と敷地、そして敷地内に高低差があるために、簡易的なレベル調査を行いました。
設計GLをどのように設定すればいいか、敷地への入口はどこがベストか、基礎工事の残土をどこに盛れば地形の傾斜が緩やかになるか・・・など、敷地内をぐるぐると歩き回りながらイメージしてみました。

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> http://www.h-a.jp

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> http://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/process