設計が完了しました「ヒュッゲに暮らす家」原村

諏訪郡原村のしらかば平で計画中の住宅「ヒュッゲに暮らす家」、実施設計が完了しました。

建築予定の土地をはじめて見たのは昨年の春。
敷地の南脇には桜並木があり、その横を小川が流れ、静かで美しい風景でした。

ヒュッゲな暮らしをイメージしています。
ヒュッゲ(Hygge)とは、デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」といった意味だと言われます。暮らしの上で大切なことを日本では「衣・食・住」と表現しますが、デンマークでは「・食・」の順番のようです。時間の過ごし方や心の持ち方についても考える家づくりです。

まずは敷地の利用計画から。建築と庭のあり方、駐車スペースの考え方、1階と2階の構成、南方向と北方向の眺望の活かし方、朝陽と夕陽の取り込み方などの検討を重ね、建物の骨格が決まってきました。

プラン的には、玄関 〜 ギャラリー 〜 開放的な階段 〜 2階のリビング へと流れるような動線によって、場が転換していきます。2階のリビングからは、南と北の両方向に広がる景色を望むことができ、四季の移ろいを楽しむことができそうです。そして皆の場所と個の場所が緩やかにつながっています。

現在事務所では、春の着工に向けて準備をしています。

 

原村 二拠点住宅

ヒュッゲに暮らす家

原村 二拠点住宅

桜並木と住宅

 

【 林建築設計室  INFORMATION 】
★ 公式サイト  https://www.h-a.jp/
★ ブログ 林隆ブログ(日々の活動やお知らせ)https://www.h-a.jp/blog
★ ブログ 蓼科アトリエ便り(蓼科高原の日々の様子)https://www.h-a.jp/tatesina
★ ブログ ただ今進行中(設計中・工事中の進行状況) https://www.h-a.jp/process
★ facebookページ   https://www.facebook.com/ha.japan/
★ Instagram   https://www.instagram.com/hayashi_architects/