竣工しました「白馬三山を臨む家」白馬村

北安曇郡 白馬村で工事をしていました別荘「白馬三山を臨む家」が竣工引き渡しになりました。(11/26)

リビングから、目の前にひろがる白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を見る。
そのために空間が構成されています。内部空間は4層にスキッップし、2層から3層目への階段を上がった瞬間、一気に場面は転換し目の前に雄大な景色が現れます。

冬期の厳しい環境(寒さ、積雪、凍結)への対策を施すことにより、四季の移ろいを楽しみながら快適に過ごしていただけることを目指しました。

建築主のSさん、竣工おめでとうございます。設計中には東京から松本の弊社事務所まで、工事中には白馬の現場まで、何回も打合せにお越しいただきましてありがとうございました。
そして現場監督のSさん、工事に携わっていただきました多くの皆様方、お世話になりまして本当にありがとうございました。

(お引き渡しの4日前に長野県北部地震が発生しましたが、建物は無事で何よりでした。)