キツツキ対策

蓼科のアトリエは竣工後3年が過ぎたところですが、キツツキの被害にあい軒裏の板張り部分に穴をあけられてしまいました。

地域性や建物形状そして板材には防腐注入処理を施してあることから様子を見ていましたが、やはり考えが甘かったようです。日頃留守がちの建物はより被害にあいやすいようです。鳥の気持ちになって設計をしなくてはいけませんね。

防鳥ワーヤーを軒先全域に張る対策をしました。どこまで効果があるかわかりませんがこれで様子をみてみます。そして穴があいた部分は板を張り替えました。穴のまま放置しておいた間に、中に蜂の巣ができていました。早めの処置をした方がよさそうです。

キツツキ対策 蓼科高原

足場

キツツキ対策 蓼科高原

足場

キツツキ対策 蓼科高原

キツツキ被害 軒裏の板張り部分に穴

キツツキ対策 蓼科高原

穴があいた板材を撤去して

キツツキ対策 蓼科高原

軒裏の板の張り替えをしました

防鳥ワーヤー取り付け

防鳥ワーヤー

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> https://www.h-a.jp/

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> https://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/process