外壁板張りの経年変化を観察中 加圧注入処理(ACQ)無塗装仕上げ

元旦に諏訪大社上社へ初詣をして、その後、蓼科のアトリエに寄ってきました。
建物北側の日陰に残っていた雪も溶けて、今年の正月は穏やかな陽気でした。
工事をしていた2015年冬のあの大雪は何だったのでしょうか・・・。

外壁の板張りは、加圧注入処理(ACQ)を施した杉板を無塗装のまま使っています。
色調がどうなっていくのか経年変化を観察中です。

建物ができて4年目になりますが、少しづつ色が変わってきました。
竣工当時は、緑色系の何とも独特な色をしていましたが、徐々に茶色系に変化してきています。
最終的には灰色になるのですが、変化の様子はまたブログで紹介していきたいと思います。

加圧注入処理(ACQ)をした外壁板張り

加圧注入処理(ACQ)をした外壁板張り

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> https://www.h-a.jp/

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> https://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/process