上棟しました 松本市の住宅「住み継ぐ家」


松本市内で工事中の住宅「住み継ぐ家」
上棟しました。171225
雪が降らなくて助かっています。

代々住み継いでいる家の現地での建て替えです。
庭や近隣との関係を考慮しながらゾーニングが決まり、1階部分が大きく一部だけ2階、そして低く長い下屋空間をもつ構成になっています。
そのプロポーションを遠くのいろいろな方向から眺めてみました。
大工さんたちが木槌の音を響かせながら手際よく着々と工事は進みます。

基本設計の段階では平面と立面と断面を同時に考えながら、スケッチや図面や模型によって建て主さんとイメージを共有してきました。
外観や室内から見える風景を確認することができるのがこの上棟の瞬間で、感慨深いものがあります。しかし数日後にはシートに覆われて見えなくなりますので、ワクワクする数日間でもありました。
玄関の正面部分と居間の大きな開口部部分を覆う「低く長い下屋」は効いています。

住宅別荘の設計 長野県松本市

2階部分の建て方

住宅別荘の設計 長野県松本市

シンプルな切妻屋根

住宅別荘の設計 長野県松本市

低く長い下屋部分も組み立てられました

建築主のKさん、上棟おめでとうございます。
施工会社さん、寒い毎日ですが引き続きよろしくお願いします。

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> http://www.h-a.jp

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> http://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> http://www.h-a.jp/process