竣工しました「らせんが繋ぐ4層の家」松本市

松本市の住宅「らせんが繋ぐ4層の家」が竣工しました。181007

静かな住宅街に建つスキップフロアー型の住宅で、敷地に特徴がありました。
地形の傾斜を活かしたい。2階レベルからの眺望が素晴らしい。進入路が旗竿状であることから車の動線を工夫したい。はじめて建主さんと一緒に敷地を見た時からこの点を共有し、後にプランを考える上での大きな手がかりになりました。

フロアーレベルは4層に分かれています。
斜め方向に「見上げる、見下ろす」という概念について検討を重ねました。見えたほうがいい場所と隠れた方がいい場所があり動線とも連動しています。動線の要となる3本の階段は形状とデザインが異なり、レベル1からレベル4までぐるりと回りながら移動。上り口、降り口、その途中で場面が転換します。上下階が緩やかにつながるための重要な役割を果たしています。

外観デザインを考える上では「壁のあり方」も強く意識しています。
開口部とのバランスそして色調や素材感によって落ち着いた存在感のある表情になりました。

周辺環境を読み取りながら敷地の特性を最大限に活かす家づくり、
近隣との関係(進入路・日照・音・視線・緑化など)も配慮しながらの家づくりでした。

スキップフロアーの住宅 松本市

らせんが繋ぐ4層の家

スキップフロアーの住宅 松本市

スキップフロアー レベル3からレベル4を見る

スキップフロアーの住宅 松本市

松本市街と遠くの山並みを望むリビング

建て主のIさん、ご竣工おめでとうございます。
お引越しを終えて一段落された頃でしょうか。
工務店の現場監督Tさん、大変お世話になりました。
そして工事に携わっていただきました大勢の皆様方に御礼を申し上げます。

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> https://www.h-a.jp/

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> https://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/process