天井の高さと形態「たてしな森の家」茅野市

茅野市蓼科高原で工事中の住宅「たてしな森の家」
現場では室内の仕上げ工事が進んでいて、施主さん現場監督さんと一緒に進行状況を確認しました。

2階部分の特徴的な天井形態は、方形屋根の勾配に沿っています。
その屋根勾配は、設計段階で様々な要素を統合することによって決まりました。
外観のプロポーション、吹き抜け部分の天井高さのバランス、らせん階段を上りきった場所のギリギリ人が立てる高さ、開口部の高さ、カーテンボックスの納まり、軒裏の高さ、軒先のシャープなディティールなどがすべて関連しています。

これから内壁の左官塗り工事がはじまります。

蓼科高原の住宅 設計事務所

たてしな森の家

 

INFORMATION

★ 林建築設計室 公式サイト
>> https://www.h-a.jp/

★ 林隆ブログ 「豊かな暮らし・上質な暮らし」
建築家 林隆の日々の活動や、お知らせなどを綴っています。
>> https://www.h-a.jp/blog

★ ブログ 「蓼科アトリエ便り」
蓼科高原のアトリエから、日々の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/tatesina

★ ブログ 「ただ今進行中」
林建築設計室が手掛けているプロジェクトの、設計中工事中の様子をお伝えします。
>> https://www.h-a.jp/process