公園と連なる家 設計終了しました

松本市で以前設計をさせていただいた住宅の隣に計画した小さなゲストハウスです。

公園に面する敷地で、南から順に、公園〜今回の計画建物〜中庭〜既存建物へと、内と外が交互に連なることになります。南と北に開放的な開口部をもつ広間、そこにはバーカウンター風のキッチン、シャワールーム、小さな暖炉を備えています。らせん階段をのぼり、空中に浮くイメージのブリッジを渡り、独立した個室へと至ります。

多目的な使い方をイメージしていて、非日常的な楽しい時間を過ごすためのコンパクトな建築です。

 

 

1