並ぶ方形の家(軽井沢)設計完了しました

軽井沢町に建つ住宅「並ぶ方形の家」の実施設計が完了しました。

配置計画にふたつの特徴があります。ひとつは道路や隣地の境界線に対して建物の外壁ラインが約45度ふれていること、もうひとつは機能を2棟に分離することにより、特徴のあるいくつもの外部空間が生まれました。その結果、隣地建物との関係性や日当たりの面で快適な住環境をつくることができました。

IMG_2418